トップページ > 企業理念

企業理念 Corporate Philosophy

グローブ産業とは

グローブ産業は、産業廃棄物の産業廃棄物の収集運搬・受入・中間処理・処分まで一貫してを適正に行っております。

「お見積→ご発注→株式会社グローブ産業による産業廃棄物の収集運搬・中間処理・処分→リサイクル or 最終処分」これらの流れが、マニフェストに従ってグローブグループとして一貫した流れで行われます。

マニフェストとは?
排出事業者が産業廃棄物の処理を委託する際にマニフェスト伝票に産業廃棄物の名称、数量、運搬業者名などを記載し産業廃棄物の流れを自ら把握・管理する仕組みです。
産業廃棄物が処理されたことを最後まで簡単にチェックすることができ不適切な処理による環境汚染や社会問題となっている不法投棄を未然に防止できます。

企業理念

グローブ産業では、「環境に配慮しながら社業の発展を通じて社会に貢献する」ことを経営理念に掲げており、お客様をはじめ、取引先、地域社会、従業員等から評価、信頼される企業を目指しております。

グローブグループは、常に心から環境を重視し、お客様に「安心」を提供することを使命とする。産廃の収集運搬、処分までを一貫して適正に行う「スペシャリスト」として社会に忠実である。あらゆる産業分野、特に建設産業において急務の課題である「環境問題への対応」を追求する。

このページの一番上へ戻る ▲

行動規範

グローブ産業では、行動指針として「企業行動規範」を定めているほか、コンプライアンス、企業倫理の整備等を構築・運用しております。

【グローブ産業 企業行動規範】

  1. お客さまの喜びをめざす
  2. 誠実である
  3. 形式にとらわれず結果を求める
  4. 本音で語り合い、気づきの心を育てる
  5. 広く深く考え、大胆かつ慎重に挑戦する
  6. 創意工夫とコスト意識をもって社業の向上に寄与する
  7. 自らを高めようという向上意欲をもって研鑽し、自己啓発を図る
  8. 多様な価値観の存在を受け入れる
  9. 信頼と思いやりをもって接する
  10. 感謝の心で行動する
  11. 社会の要請に応えた事業活動の推進を図る
  12. 協力会社とのパートナーシップを保持する
  13. より良い地球環境の創造と保全を考える
  14. 公正な競争を推進する
  15. 法令を遵守し社会的倫理に則った活動を進める

※役員及び役職者は、この企業行動規範の精神を実現することが自らの役割であることをよく認識し、率先垂範の上、関係者に周知徹底します。
万一この企業行動規範に違反する事案が生じたときは、代表取締役を先頭にして会社を挙げて問題の解決に当たり、原因の究明、再発の防止に努めます。

このページの一番上へ戻る ▲

環境方針

当社は、現代社会において地球環境の保全が最重要課題の一つであること、循環型社会の形成構築に重要な役割を担っている企業であることを認識し、その責任を果たすことによって、社会との共生を図り、広く社会に貢献するため、以下のとおり環境方針を定める。

環境保全活動を以下のことを通じて積極的に推進する
1. 産業廃棄物の処理技術の向上や他社との協業化により、産業廃棄物の再資源化及び適正処理を促進する
2. 資源・エネルギー使用抑制、公害防止対策に積極的に取組み、事業活動に伴う環境負荷を最小限にする
3. 事業所周辺への環境影響を最小限にとどめ、地域社会の生活環境の保全に努める
4. 環境に関するコミュニケーションを積極的に実施する
5. 全従業員に対し環境に関する教育及び啓蒙を行い、意識と知識の向上を図る
6. 環境に関する法律及び規制、協定書等を遵守する
資源循環型社会への貢献を目指す
自然との調和、地域住民との共生を基調として、環境負荷の低減を前提とした資源の循環的活用の社会システム形成に貢献するために、今の顧客ニーズに対応したリサイクル技術の確立と施設の充実を推進する。

このページの一番上へ戻る ▲

経営管理及びビジョン

経営管理
経営管理については、重要事項の決定に関して事前協議・報告を求めるほか、必要に応じ、役員を取締役、監査役として派遣し、適切な監督、監査を行います。
経営体質強化
組織力、収益力の強化、さらに信用力、資金力の向上を土台として、循環型社会形成に貢献し得る自らの経営体質の強化を目指していきます。
協業化による事業拡大
静脈産業における確固としたポジションの確立に向けて、当社としての強みを活かしつつ、他社との協力関係、ネットワークによる相乗効果を上げる協業化を追求し、事業活動の領域を拡大していきます。
環境ソリューション事業の拡充
主に3R(リデュース、リユース、リサイクル)および適正処理という枠の中で、多分野、多機能な対応を図ることにより、ソリューション(解決策)を提供し、限りない再資源化への挑戦を進める総合環境企業を目指していきます。
リサイクルの「基本5R」
  • Reduce リデュース(減らす)
  • Reuse リユース(繰り返し使う)
  • Refine リファイン(資源を分別する)
  • Recycle リサイクル(再生利用する)
  • Reconvert to Energy リコンバート・トゥ・エナジー(エネルギーへ再変換する)
「5S」を周知徹底し実行する
「整理」・・・分別すること。
「整頓」・・・明示すること。
「清掃」・・・行動すること。清掃即行動。
「清潔」・・・前記三つを維持すること。
「躾」・・・・習慣にすること。
以上が「5S」の意味です。「整理」「整頓」をすると、仕事の能率・効率が向上します。
「清掃」「清潔」を徹底すると、仕事の質が向上します。

このページの一番上へ戻る ▲